新着・更新情報

2015年05月12日

WHOダグラス・ベッチャー博士 講演会開催

 

ご報告が遅くなりましたが、2015年3月10日にスモークフリージャパン代表理事 松沢成文が幹事長を務める

「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」主催で、

WHO生活習慣病予防局長 ダグラス・ベッチャー博士による講演が開催されました。

 

ベッチャー博士は、

「WHOとIOCはスモークフリーオリンピックの実現に関する協定を結んでいることから、

これまでのホスト国はたばこ対策に取り組んでいます。

日本も東京オリンピック・パラリンピックまでに環境や法的整備が整うように願っています」

と述べ、日本のたばこ対策の現状に警鐘を鳴らしています。

 

まさに、日本の覚悟が問われています。

 

詳細はこちらからご覧下さい。