新着・更新情報

2012年05月31日

世界禁煙デーに寄せて

今年も5月31日世界禁煙デーを迎えました。

この日の前後1ヶ月位の間に、日本でも様々なタバコと健康の問題に関するイベント、フォーラム、シンポジウムなどが開催されたようです。年々その数も増えてきているようで、喜ばしい限りです。

 私もこの1カ月で、スモークフリーをテーマになんと6回も講演しました。特に印象的だったのは東京大学公共政策大学院です。「受動喫煙防止条例の制定過程」についての私の講演と質疑の後、受講者のロールプレイが行なわれました。メディア関係者、中央官僚、医師などのプロフェッションをもつ出席者が、東京都で受動喫煙防止条例をつくるとしたら、どんな戦略でどういう具体的行動が必要かを徹底的に議論し、計画をまとめ発表するのです。タバコ問題に関心をもつ専門家の方々が、禁煙運動を脱皮して実現に向けての戦略論を考えるようになったことは大変大きな驚きでした。いよいよ日本のタバコ対策が、現実的な政策形成と具体的行動に進化してきた証しであると感じています。

 世界禁煙デーを単なる普及運動の日から政策実現を目指す行動日にしていかなければなりません。私も微力ながら同志の皆さんと全力を尽くす覚悟です。

 皆様のご活躍をご祈念申し上げ、世界禁煙デーのメッセージといたします。


平成24年5月31日
スモークフリージャパン代表 松沢成文