ご挨拶

皆さんは「スモークフリー」という言葉をご存知でしょうか。タバコの煙のない空気がキレイな状態のことです。
タバコの煙が苦手だという人は多いでしょう。喫煙だけでなく受動喫煙の健康への害を心配する人もいるでしょう。また、健康のために愛する家族のために、タバコを止めたいと考えている人もいるでしょう。
タバコは私たちの生活習慣の中にありますから、全ての人がタバコと健康、タバコと生活環境について意見をもっています。

例えば、タバコを吸う場所を規制すると、タバコを吸う人は吸える場所が限られてきて困ると言うし、タバコを吸わない人は空気がキレイになって嬉しいと言います。

しかし、重要なことは、喫煙や受動喫煙の健康への被害が証明されている以上、不特定多数の人々が出入りする場所は、原則禁煙か完全分煙にしなければならないということです。そのためのルールを確立する。それがスモークフリー社会をつくる第1歩です。

もちろん、タバコは嗜好品で喫煙自体は法律で禁止されているわけではありませんから、タバコを吸う自由はあります。しかしながら、タバコを吸う人の近くにいるタバコを吸わない人が、タバコの煙を吸わされて健康被害を被ることは、極めて理不尽です。
そんな中で、神奈川県では全国で初めて、公共的な室内空間を原則的に禁煙か完全分煙にして、故意な違反には罰則を適用する受動喫煙防止条例が制定されました。神奈川ではスモークフリー社会に近づきつつあるのです。

まず、公共的な施設やスペースは原則的に禁煙か完全分煙にする。そして、喫煙者の卒煙を支援して、タバコの煙自体を減らしていく。この2つの政策を推進していけば、スモークフリーで健康な社会を実現できるのです。
2003年にWHO(世界保健機構)のタバコ規制枠組条例が締結され、日本も加盟しています。その大きな目的はスモークフリー社会をつくることです。世界中でその取り組みが進んでいるのに、日本だけが遅れています。このままでは、条約違反になってしまいます

スモークフリー社会を目指して、今こそ私たち日本人は健康な社会をつくるために意識を啓発し、行動しなければなりません。
そこで、社団法人スモークフリージャパンでは、ウェブサイトを開設し、スモークフリー社会を実現するための情報発信、情報提供、情報交換を積極的に行っていきたいと考えています。どうか多くの皆様のご参加を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。皆さんのご意見をお待ちしています。
みんなの力で、スモークフリーの健康な日本を実現しましょう。

社団法人 スモークフリージャパン
代表理事 松沢成文(まつざわ しげふみ)