完全分煙社会・スモークフリーとは

ご挨拶

一般社団法人スモークフリージャパン代表理事 松沢しげふみのご挨拶

WHOのたばこ規制条例

世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組条約」についてご紹介します。

世界のスモークフリーについて

世界でのスモークフリーの現状についてご紹介します。

神奈川県における受動喫煙防止条例

全国初の神奈川県での受動喫煙防止条例についてご紹介します。

禁煙・卒煙のススメ

禁煙・卒煙を応援します。

スモークフリーとは、タバコの煙のない、タバコの煙から解放された環境のことです。この言葉は欧米では一般的に使われ、その意味も広く理解されています。

「タバコの煙がいやだ」、「自分は吸っていないのに、なぜタバコの煙を吸わされなければならないのか」、「受動喫煙で健康被害が心配だ」という経験をしなくてすむ社会、それが「スモークフリー社会」です。

つまり、タバコの煙のない、どこに行っても空気がきれいな社会です。今では誰もが使う「バリアフリー」という言葉もあらゆる人に障害となるものを取り除こうという考え方です。

そうした意味ではタバコの煙も一つのバリアだと考えます。ですから、「スモークフリー社会」をつくることは「バリアフリー社会」を促進することだとも言えます。

私たちは「スモークフリー社会」をつくることを目指していますが、この言葉の意味が日本人の誰にでもわかるようになったら、日本のタバコ対策はかなり前進したと言えるでしょう。

関連リンク

分煙社会・スモークフリーとはWHOのたばこ規制条例
神奈川県における受動喫煙防止条例禁煙・卒煙のススメ