スモークフリーニュース

2014年12月18日

【喫煙を考える】公平性欠く?受動喫煙防止の議論 東京五輪に向け都が対策検討会(下)|zakzak

 東京都は今秋、飲食店や宿泊施設など公共の場所での受動喫煙防止対策を進めるため、有識者による検討会を発足。10月の初会合に続き今月10日、第2回会合を開いた。
 各委員がそれぞれの意見や考えを示した初会合を経て、今回は、関係団体などからの意見聴取が行われた。
 トップバッターとして東京商工会議所が陳述。企業や商店などには「健康経営」をすすめていることを大前提としつつ、受動喫煙防止対策については、従業員の(嗜好品である)たばこを吸う自由を尊重した取り組みが必要であるという考えを示した。


>>>続きはこちらから
【喫煙を考える】公平性欠く?受動喫煙防止の議論 東京五輪に向け都が対策検討会(下)|zakzak