スモークフリーニュース

2016年04月15日

「smoke free」は喫煙? 禁煙? 間違いやすい「実用英語」を紹介|沖縄タイムス

近年、公共の場所でも規制が厳しくなっている"タバコ"。アメリカも同様で、街中の規制は年々厳しくなっており、ニューヨーク市では、オフィスビルやレストラン、バーなどで完全禁煙が義務付けられている。

そこでおさえておきたいのが、喫煙・禁煙にまつわる英語フレーズだ。英語圏やヨーロッパ圏では「This area is smoke free.」という看板を頻繁に目にすることがある。これはタバコにまつわるメッセージなのだが、ここで重要になるのは「喫煙」なのか「禁煙」なのか、という部分だろう。


続きはこちらから>>>
「smoke free」は喫煙? 禁煙? 間違いやすい「実用英語」を紹介|沖縄タイムス 2016年4月15日