スモークフリーニュース

2017年10月31日

禁煙で「治療費の一部補助や有給付与」 各企業が健康促進と業務効率化ねらう|Sankei Biz

たばこによる健康被害から社員を守るため、オフィスでの終日禁煙や喫煙スペースの閉鎖といった取り組みが企業の間で広がっている。国や自治体が受動喫煙対策を検討する中、社員の喫煙率を下げて健康増進とともに業務効率化を狙う。吸わない人に有休を付与する新たな制度もみられる。


続きはこちらから>>>
禁煙で「治療費の一部補助や有給付与」 各企業が健康促進と業務効率化ねらう|Sankei Biz 2017年10月31日