スモークフリーニュース

2014年07月31日

喫煙率、ついに20%割れ JT調査、推計2059万人

日本たばこ産業(JT)は30日、今年の国内の喫煙率が前年より1・2ポイント下がって19・7%だったと発表した。健康意識の高まりや消費増税に伴う値上げが影響し、19年連続で減った。喫煙率の調査を始めた1965年以降、20%割れは初めて。  男女別の喫煙率は男性が前年比1・9ポイント減の30・3%、女性が同0・7ポイント減の9・8%。全国の喫煙者数は推計で2059万人(男性1526万人、女性533万人)だった。「毎日吸う」という人が1日に吸う平均本数は男性が19・0本、女性が15・1本で前年からほぼ横ばいだった。


>>>続きはこちらから
喫煙率、ついに20%割れ JT調査、推計2059万人/朝日新聞デジタル