スモークフリーニュース

2014年07月30日

たばこ喫煙率が初めて20%割る JT調査、健康志向で

日本たばこ産業(JT)が30日発表した5月の全国たばこ喫煙者率調査で、喫煙者率が19・7%となり、調査開始以来、初めて20%を割り込んだ。減少は19年連続で、前年から1・2ポイントの減少。高齢化の進展や健康に関する意識の高まりに加え、4月の消費税率引き上げに伴うたばこの価格改定などが要因とみられる。


>>>続きはこちらから
たばこ喫煙率が初めて20%割る JT調査、健康志向で/産経新聞