スモークフリーニュース

2014年07月27日

<喫煙所>市役所屋上に「将来見据え」整備 奈良・生駒

奈良県生駒市が市役所屋上に約1年前、喫煙所を約110万円で整備していたことが分かった。建物内全面禁煙などを目的に、最上階の5階に入る議会とも協議して設置した。議員24人のうち喫煙者は5人程度とみられる。市民に存在を知らせていなかったが、市総務課は「議員用では決してなく、将来を見据えた新たな喫煙所」と説明。中谷尚敬議長は「議員だけでなく、議会を訪れたお客さんや傍聴者も案内して使ってもらっている」と話す。  市や議会によると、従来は会派の判断で控え室での喫煙を認め、市庁舎のうち議会がある5階だけ「分煙」だった。国の方針で官公庁での建物内全面禁煙への流れが強まる中、「市と議会の利害が一致」(総務課)し、2013年8月に工事。費用は議会費からではなく、市の通常の庁舎管理費から支出し、表には出なかった。


>>>続きはこちらから
<喫煙所>市役所屋上に「将来見据え」整備 奈良・生駒/毎日新聞