スモークフリーニュース

2014年07月01日

たばこ販売、規制強化 新規コンビニ「×」の可能性 「専売店の優遇」恨み節も

財務省が5月に打ち出した、たばこ販売の規制強化案が波紋を広げている。これまで条件付きで認められた既存店周辺における新規の販売許可基準を厳格化し、8月以降に出店を計画する一部のコンビニエンスストアは、たばこ販売が認められない可能性が出てきたためだ。コンビニにとって売上高に占める割合が高いたばこ販売の可否は死活問題にもつながる。専売店優遇ともとれる今回の措置に、関係者からは「民業圧迫だ」との恨み節もあがる。(宮田翼)  ◆財務省案に波紋


>>>続きはこちらから
たばこ販売、規制強化 新規コンビニ「×」の可能性 「専売店の優遇」恨み節も|産経新聞