スモークフリーニュース

2014年07月01日

「食の拠点」禁煙に 京都市中央市場、7月1日から

京の食の拠点「京都市中央卸売市場第一市場」(下京区)が7月1日から、場内の原則禁煙に踏み切る。「和食」のユネスコ無形文化遺産登録や、食の安全・安心に対する関心の高まりを受け、ようやく重い腰を上げた格好だ。  同市場によると、かつては、くわえタバコで運搬車両を走らせたり、セリに参加したりする姿が見られたが、一昨年から組合ごとにセリ場の禁煙を決めた。それでも通路での喫煙やポイ捨てといったマナー違反は散見されていたという。  同市場は現在、施設の建て替えを検討しており、今回の対応は将来を見据えた衛生管理の一環。また、2011年から毎月1回、市民に市場を開放する「食彩市」を催しており、外部の目を意識した面もある。


>>>続きはこちらから
「食の拠点」禁煙に 京都市中央市場、7月1日から|京都新聞