スモークフリーニュース

2014年05月30日

「全面禁煙」国は掛け声だけ...中央省庁達成ゼロ

受動喫煙ゼロ」を掲げる国のたばこ対策が遅れている。

 国は4年前、官公庁や商業施設など「人の出入りが多い場所は全面禁煙」との原則を打ち出し、自治体に再三、取り組み強化を要請してきた。ところが、31日の世界禁煙デーを前に、読売新聞が主な国の機関に取材したところ、全面禁煙に踏み切った例はなかった。国の"二重基準"に自治体からは疑問の声も上がっている。


>>>続きはこちらから
「全面禁煙」国は掛け声だけ...中央省庁達成ゼロ|読売新聞