スモークフリーニュース

2014年05月30日

若者の禁煙治療費助成 岡山市、保険適用外対象

岡山市は禁煙治療で医療保険が適用されない市民を対象に、同治療費を助成する制度を創設した。喫煙年数の短さなどから保険適用の基準に満たない若者らを念頭に、費用助成で禁煙を促し、市民の健康づくりを進める。31日は世界禁煙デー。

 医療機関でニコチン依存症と診断されたが、医療保険の適用外の患者が対象。通常8~12週間に計5回の診察を受ける治療プログラムと、ニコチン切れの症状を緩和するパッチ(貼り薬)など薬剤費に適用する。治療の終了後、市保健所健康づくり課に申請すれば、総費用の7割が返還される。返還額の上限は3万円。今年4月以降の取り組みが対象で、29日に申請の受け付けを始めた。


>>>続きはこちらから
若者の禁煙治療費助成 岡山市、保険適用外対象|山陽新聞岡山医療ガイド