スモークフリーニュース

2020年04月16日

北海道)道庁の喫煙所撤去 禁煙めざす職員に助成|朝日新聞デジタル

道庁本庁舎の敷地内にある唯一の喫煙所が5月末に撤去されるのを見越し、道は禁煙をめざす職員に最大1万2千円を助成する制度を始めた。喫煙者が多い道庁職員に禁煙を促す取り組みだ。  

成制度は3月から庁内で周知を始めた。医療機関の禁煙外来を受診し禁煙に成功した職員に対し、1人1万円を助成する。3人以上で申し込んだ場合は1人最大1万2千円を助成する。道職員厚生課は「互いに励まし合うことで禁煙を達成しやすい効果が見込める」と話す。財源は道職員の共済組合金をあてる。



続きはこちら>>>