スモークフリーニュース

2020年03月31日

喫煙室助成金申請5倍に急増 4月の屋内原則禁煙控え「駆け込み」|産経新聞

受動喫煙対策として喫煙専用室などを新設した事業所に国が整備費を助成する制度への今年度の申請数が、1月末時点で前年度の5倍に急増していることが厚生労働省への取材で分かった。屋内原則禁煙を義務化する改正健康増進法が4月に全面施行されると、喫煙専用室のない客席面積100平方メートル超の飲食店などは全面禁煙にしなければならない。事業者にとって対策は喫緊の課題で、こうした「駆け込み申請」は2月以降も続いているとみられる。



続きはこちら>>>