スモークフリーニュース

2020年04月02日

千葉市 受動喫煙防止条例施行「SOSシステム」始動|東京新聞

千葉市の受動喫煙防止条例が施行された一日、LINE(ライン)などで条例違反の通報を受け付ける「受動喫煙SOSシステム」の運用が始まった。

システムは、LINEで市の専用アカウントを「友だち」登録するか、インターネットの専用ウェブページを開くと利用できる。禁止場所での喫煙や煙もれといった受動喫煙の内容、日時や場所を記入すると、市受動喫煙対策室のパソコンに送信される仕組み。地図アプリを使った位置情報のほか、任意で写真を送ることもできる。



続きはこちら>>>