スモークフリーニュース

2019年09月27日

周囲のたばこ、78%「不快」=がん治療と仕事、6割弱が両立不可能-内閣府初調査|時事通信社

内閣府は27日、たばことがん対策に関する世論調査結果を公表した。たばこ対策の調査は初めてで、周囲のたばこの煙を「不快に思う」「どちらかと言えば不快に思う」と答えた人は合計で78.4%に上った。一方、がん治療と仕事の両立が可能だと思わない人は6割弱を占めた。  


続きはこちら>>>