スモークフリーニュース

2019年05月30日

埼玉県、受動喫煙防止で認証 施設と区域に|日本経済新聞

埼玉県は6月1日、受動喫煙の防止対策に積極的に取り組む施設などを認証する制度を設ける。飲食店のほか、9月のラグビーワールドカップ(W杯)や2020年の東京五輪に向けて、会場周辺地域を中心に建物や路上を含むエリア全体での対策も推進する。

新制度では施設と区域の2種類の認証を設ける。施設認証は飲食店やオフィス、商業施設などが対象。敷地内と屋内での全面禁煙などを要件とする。認証した施設にはステッカーなどを交付し、県のホームページに掲載する。



続きはこちら>>>