スモークフリーニュース

2019年08月25日

多治見市「タバコ条例案」に歓迎と困惑 意見公募620件超|中日新聞

市内全域で歩きたばこを禁止し、小規模飲食店に喫煙専用室を設置するよう努力義務を課す「タバコの害から市民を守る条例案」を九月議会に提出した多治見市。来年四月施行の改正健康増進法を上回る規制で、七日まで実施した意見公募(パブリックコメント)には六百二十六件の意見が寄せられた。子育て世代からは歓迎する声が上がる一方、飲食店経営者の間では「死活問題になりかねない」と困惑も広がっている。

改正法では、飲食店や工場は原則屋内禁煙で、喫煙するには規定の専用室を設ける必要がある。しかし、客席面積が百平方メートル以下の小規模飲食店は対象外で、加熱式のたばこであれば専用室内で喫煙しながら飲食することを認めており、「受動喫煙の危険性が残る」と批判されている。



続きはこちら>>>