スモークフリーニュース

2019年07月19日

社説:受動喫煙対策法が成立 健康被害の防止に万全を|毎日新聞

他人のたばこの煙で健康被害を受けることがないよう、規制を強化する改正健康増進法が成立した。

多くの人が集まる建物内を罰則付きで原則禁煙とする初の法律だ。受動喫煙がもたらす健康被害の大きさを認識し、抜け道を許さない規制を徹底すべきである。

改正法により、病院や学校、行政機関、保育園は屋内完全禁煙となる。飲食店や職場などは原則禁煙とし、煙が外に漏れない喫煙専用室での喫煙は認める。悪質な喫煙者には最大30万円、施設管理者には最大50万円の過料を科す。



続きはこちら>>>