スモークフリーニュース

2019年07月20日

諫早市役所喫煙所問題 現行方針を継続 議員に賛否|長崎新聞

受動喫煙を防ぐ改正健康増進法の施行に伴い、今月から敷地内禁煙となった諫早市庁舎本館のうち、同館9階の議会内喫煙所を継続使用している問題で、19日の市議会全員協議会では賛否両論が噴出した。田川伸隆議長は「来年4月の改正法完全施行までは分煙対策を講じた喫煙所を使用し、施行後の対応を協議」とする現行方針のままで運用する考えを示した。

市は市庁舎1~8階の行政エリアは敷地内禁煙の「第1種施設」とし、屋外喫煙所を設置したが、9階の議会は屋内禁煙とする「第2種施設」と判断。6月20日の市議会会派代表者会議で意見が分かれ、田川議長に判断を一任した結果、喫煙所1カ所を6月末で閉鎖した上で、現行方針を決めた。



続きはこちら>>>