スモークフリーニュース

2019年06月19日

来月から図書館も敷地内禁煙 宇都宮市、独自基準で受動喫煙防止|産経新聞

宇都宮市は18日、7月の改正健康増進法の一部施行に合わせて、市独自の基準を設けて市有施設での受動喫煙防止対策を強化すると発表した。7月の一部施行の対象になっていなかった市有の図書館でも同月から敷地内禁煙にするなどの対策をとる。

改正法は望まない受動喫煙の防止を図るため、昨年7月に成立した。今年7月以降、受動喫煙の影響が大きい20歳未満の人や病気の患者、妊婦らが利用する学校や病院、行政機関が屋内全面禁煙。また来年4月以降は多くの人が利用する飲食店や事務所、鉄道、ホテルのロビーなどが原則として屋内禁煙となる。


続きはこちら>>>