スモークフリーニュース

2019年05月29日

受動喫煙防止対策 埼玉県の認証制度、来月開始 対象は「施設」と「区域」|産経新聞

県は6月から、他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」防止対策を推進する。昨年7月の健康増進法の改正で、来年4月から受動喫煙対策が義務付けられる。これに伴い、まず受動喫煙防止対策に取り組む施設などに対し県独自の認証制度を始める。受動喫煙の防止では条例化で対策を講じる自治体がある中、県は認証制度を通じて対策を県内全域に広げ、実効性を高める考えだ。(黄金崎元)



 つづきはこちらから>>>