スモークフリーニュース

2014年05月18日

実は紙巻きタバコより有害?電子タバコの危険性とは



喫煙者に対する風当たりは日々強まるばかりだ。飲食店での全席禁煙はもはや当たり前。タバコを吸いながら楽しむのがごく普通の光景であったパチンコ店ですら、禁煙を売りにするホールが続々と開店している。

 そんな中、ここ最近人気となっているのが電子タバコだ。電子タバコとはその名の通り電力によって駆動するタバコのことで、従来のタバコのように「葉」を燃やして出る煙を吸うのではなく、ニコチン等が含まれた溶液を熱し、そこから発生した蒸気を吸う物だ。リキッドと呼ばれるその溶液には通常のタバコの香りだけでなく、甘いチョコレートやコーヒーの香り、清涼感のあるメンソールの香りなど様々な種類がある。

>>>続きはこちらから
実は紙巻きタバコより有害?電子タバコの危険性とは|エコノミックニュース