スモークフリーニュース

2019年05月21日

コンビニ前の灰皿 福岡市中心部で撤去進む「客足減」の店も|西日本新聞

「コンビニエンスストアの前にある灰皿の近くで、たばこを吸っている人をよく見かける。受動喫煙をしたくないので迷惑だ」。あなたの特命取材班に無料通信アプリLINE(ライン)で、こんな声が寄せられた。同じテーマで取材をした京都新聞の双方向型報道「読者に応える」と連携して、福岡市中心部の状況を調べてみた。福岡市は天神・大名地区と博多駅周辺の一部を「路上禁煙地区」に指定。地区内のコンビニでは灰皿の撤去が進み、「開店当初から設置していない」という店舗も多い。  


続きはこちら>>>