スモークフリーニュース

2019年01月08日

受動喫煙症、深刻な被害 たばこ臭でも"反応"|中日新聞

たばこの煙に含まれる化学物質に反応し、目やのどの痛み、発疹などの症状が出る「受動喫煙症」。重症になると服に付いたわずかなたばこの臭いでも激しい症状を引き起こし、日常生活に支障が出るケースもある。日本禁煙学会(東京)は診断基準をつくって注意を呼び掛け、屋内禁煙など対策の徹底を訴える。

「頭痛や吐き気がひどく、息苦しさもあった。近くにたばこを吸う人がいると必ず症状が出た」。昨秋、受動喫煙症と診断された愛知県の無職男性(30)は振り返る。


続きはこちらから>>>
受動喫煙症、深刻な被害 たばこ臭でも"反応"|中日新聞 2018年1月8日