スモークフリーニュース

2018年11月16日

歩きたばこ、全面禁止 受動喫煙防止で松本市が条例骨子案|中日新聞

松本市は十五日、公共の場所での受動喫煙防止を目指す「市受動喫煙防止に関する条例」(仮称)の骨子案を、市たばこ対策推進協議会の会合で提示した。事業者の環境整備の責務を定め、市民の歩きたばこの全面禁止と受動喫煙防止への配慮を盛り込んだ。

市は、二〇一三年にJR松本駅のお城口前広場を禁煙区域としたが、区域外での対策は進んでいない。自治体の努力義務を定めた改正健康増進法が二〇年四月に全面施行されることから、対策強化に乗り出した。



続きはこちらから>>>
歩きたばこ、全面禁止 受動喫煙防止で松本市が条例骨子案|中日新聞 2018年11月16日