スモークフリーニュース

2014年05月01日

8割 「知らない」 喫煙率2.5ポイント減、15% ロコモティブシンドローム 13年度千葉県調査 | 千葉日報ウェブ

 急速な高齢化で近年注目を集めている「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)について内容を知らない県民が8割に上ることが千葉県が2013年度に行ったアンケートで分かった。寝たきりや要介護を防ぐため中年期からの対策が重要なだけに、県は健康づくりのための基本計画「健康ちば21」の中で認知度80%を目標に設定、市町村などを通じた啓発を進めている。


>>>続きはこちらから
8割 「知らない」 喫煙率2.5ポイント減、15% ロコモティブシンドローム 13年度千葉県調査 | 千葉日報ウェブ