スモークフリーニュース

2018年02月01日

受動喫煙防止の厚労省案 これでは健康増進が泣く|毎日新聞

厚生労働省は他人のたばこの煙を吸うことによる被害を防ぐための新たな健康増進法改正案を公表した。  

飲食店については屋内禁煙の適用除外を広く認める方向で、昨年3月の改正案から大幅に後退した。国際的な標準からもほど遠く、これで「健康増進」になるとは思えない。  

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国際オリンピック委員会と世界保健機関(WHO)から「たばこのない五輪」を日本政府は求められている。通常国会への法案提出を目指すが、本来の厳しい対策へと立ち戻るべきだ。 


続きはこちらから>>>