スモークフリーニュース

2018年01月24日

喫煙者の半数「非喫煙者が守られる環境作るべき」 受動喫煙対策を歓迎|キャリコネニュース 

日本医療政策機構は1月18日、日本の医療に関する世論調査の、2017年版の結果を発表した。全国の20歳以上の男女1000人を対象に、昨年11月に実施した。

オリンピックに向け受動喫煙対策が進んでいるが、受動喫煙を「知らない」「知っているが意味はよく知らない」と答えた人は合わせて2割に上った。20代や30代では、約3割近くが「知らない」または「知っているが意味はよく知らない」と回答しており、周知の必要性が改めて浮き彫りになった。


続きはこちらから>>>
喫煙者の半数「非喫煙者が守られる環境作るべき」 受動喫煙対策を歓迎|キャリコネニュース 2018年1月24日