スモークフリーニュース

2017年11月10日

日本の対策「最低ランク」 英医学誌が警鐘|毎日新聞

「日本は受動喫煙を巡る闘いに負けつつあるのか?」--。世界4大医学誌の一つとされ、強い影響力を持つ英国の「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)」に、こんなタイトルの論説が掲載された。国内外の研究者が日本の受動喫煙対策の遅れに警鐘を鳴らし「日本の政治家は今、重大な岐路に立っている」と、決断を迫っている。


続きはこちらから>>>
日本の対策「最低ランク」 英医学誌が警鐘|毎日新聞 2017年11月10日