スモークフリーニュース

2017年06月29日

「禁煙で売上減」は真逆、タバコ臭で客が逃げる...自民党タバコ族がくすぶらせる受動喫煙対策|ビジネスジャーナル

参考までに今回の回答者1500名の内訳を記しておくと、喫煙中(19.5%)、喫煙経験なし(55.4%)、禁煙1年未満(2.1%)、禁煙1年以上20年未満(14.1%)、禁煙20年以上(8.9%)となる。  

各数値を注視して気付いたのが、筆頭者(喫煙中)の比率が、昨年5月実施の日本たばこ産業(JT)調査の全国成人喫煙率(19.3%)や、OECD調べによる日本の喫煙者割合(19.6%:2014年)とほぼ同じだという点だ。  

19.5±0.2前後ということは、日本人の場合、もはや喫煙層が5人に1人の割合をも切った次第であり、もはや5人に4人超への「配慮」で物事を決めても良さそうなものだ。


続きはこちらから>>>
「禁煙で売上減」は真逆、タバコ臭で客が逃げる...自民党タバコ族がくすぶらせる受動喫煙対策|ビジネスジャーナル 2017年6月29日