スモークフリーニュース

2017年06月26日

職場での受動喫煙はこんなに恐ろしい|朝日新聞デジタル

一定のリスクを伴う職業もあります。たとえば、医療従事者はX線を使った胃や血管の検査をするときなどに放射線被ばくを受け、小さいとはいえ発がんのリスクになります。ただし、職業被ばくは厳密に管理されており、かつまた、被ばく量を減らすような努力が行われています。

喫煙可の飲食店などで働く人は受動喫煙を受けることもあるでしょう。職業上の受動喫煙のリスクを完全にゼロにしなければならない、というのは現実的ではありません。しかし、受動喫煙のリスクは、職業被ばくと違って、ほとんど管理されていないのが実情です。


続きはこちらから>>>
職場での受動喫煙はこんなに恐ろしい|朝日新聞デジタル 2017年6月26日