スモークフリーニュース

2017年06月14日

受動喫煙防止 署名協力を 道医師会|北海道新聞

北海道医師会(長瀬清会長)は、日本医師会が全国で行っている「受動喫煙防止対策を強化・実現のための署名」への協力を、道民に呼びかけている。

道医師会は「受動喫煙の防止は、健康増進法の『努力義務』だが、受動喫煙は依然多く、対策は不十分。世界保健機関(WHO)から『世界最低レベル』と指摘されている。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、たばこ対策を抜本的に取り組む姿勢を示す」と指摘。集まった署名をもとに、日本医師会が厚生労働相や衆参両院議長に働きかけるとしている。 
 

続きはこちらから>>>