スモークフリーニュース

2017年04月16日

日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察|朝日新聞

世界のたばこ規制政策の第一人者とされる世界保健機関(WHO)生活習慣病予防部長のダグラス・ベッチャーさんが7日、東京・新橋の飲食店街を視察しました。世界各国の対策はどこまで進んだのか。日本の現状をどう見るか。視察や会見で述べたことを紹介します。
     
◇  

ベッチャーさんは新橋のカフェの入り口に禁煙席と喫煙席の数が書いてあるステッカーを見つけ、「まったく効果がない表面的な対策。客や従業員の健康を守れない」と批判。


続きはこちらから>>>
日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察|朝日新聞 2017年4月16日