スモークフリーニュース

2017年04月04日

「たばこの無い五輪」|信濃新聞

五輪を錦の御旗に「共謀罪」へと突き進む政府のやり口を見せつけられたせいだろうか。「五輪のため」と聞くと、何でもうさんくさく見えてくる。けれども受動喫煙を防ぐための屋内禁煙は、この機会にぜひ前進させたい対策である    
◆ 
国際オリンピック委員会(IOC)が「たばこの無い五輪」を掲げ、近年の開催都市は罰則付きの法律で対応してきた。いまやレストランやバーの禁煙も国際基準という。日本はIOCとタッグを組む世界保健機関(WHO)の評価で「最低レベル」だ 


続きはこちらから>>>