スモークフリーニュース

2017年03月16日

受動喫煙対策、健康被害減少へ強化は当然|世界日報

政府は「飲食店は原則禁煙」などの受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案を今国会に提出する方針だ。  

厚生労働省の有識者検討会が昨年8月に取りまとめた報告書によれば、受動喫煙で肺がんの死亡リスクが約3割上昇し、心臓病や脳卒中なども含めた死者は年1万5000人を超える。健康被害を減らすために対策を強化するのは当然だ。


続きはこちらから>>>
受動喫煙対策、健康被害減少へ強化は当然|世界日報 2017年3月16日