スモークフリーニュース

2017年03月09日

受動喫煙防止 進むか30年目の規制強化|産経ニュース

たばこを吸わない人が煙にさらされる「受動喫煙」を防ぐため、健康増進法改正の議論が進んでいる。受動喫煙と肺がん死亡との関連は約30年前、世界で初めて日本で発表されたが、対策は遅れ、専門家からは「3周回遅れ」の声も。3年後の「煙のない五輪」に向けて、やっと本格的な規制が動き出しそうだ。

◆患者目線  

「私自身がステージ4の肺がん患者。たばこは吸わない。だが、非喫煙者でも肺がんになる人はたくさんいる。その要因の一つが受動喫煙です」


続きはこちらから>>>
受動喫煙防止 進むか30年目の規制強化|産経ニュース 2017年3月9日