スモークフリーニュース

2017年02月14日

厚労省、反発受け2案浮上 受動喫煙対策|日本経済新聞

受動喫煙防止対策を強化する健康増進法改正案について、厚生労働省は反発を踏まえ、新たに2つの案を検討している。  

第1案は、未成年の利用が想定されないバーなどの小規模店(店舗面積30平方メートル以下)を禁煙の例外とし、換気設備設置を条件に喫煙を認める。第2案はこれらに加え、小規模な居酒屋や焼鳥店なども例外とした。 


続きはこちらから>>>