スモークフリーニュース

2016年11月29日

相模原市役所 市民は屋外喫煙所1カ所なのに職員は庁内に「たばこ部屋」10カ所|東京新聞

今月初旬、東京新聞に読者から匿名で一通の手紙が届いた。「市民には館内禁煙を求めながら、職員は館内の温かいところで吸っている」。相模原市役所の分煙方法への問題点を投げ掛ける訴えがつづられており、どんな実態なのかと担当課に当たった。すると、確かに市民目線では疑問が残る喫煙事情が見えてきた。

「禁煙」。市役所入り口には、そう書かれた看板があった。受動喫煙防止を目的に、市役所の敷地で市民が利用できる喫煙所は正面入り口から約三十メートル離れた屋外に一カ所だけという。


続きはこちらから>>>
相模原市役所 市民は屋外喫煙所1カ所なのに職員は庁内に「たばこ部屋」10カ所|東京新聞