スモークフリーニュース

2016年11月10日

敷地内、全面禁煙に...専門家の評価は限定的|毎日新聞

厚生労働省は10日、中央官庁では初となる「敷地内全面禁煙」を始めた。同省は2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、受動喫煙対策の法制化を目指しているため、足元の対策強化との位置づけだ。ただし、時間帯限定の実施のため、専門家は「前進は半歩」と評価も限定的だ。


続きはこちらから>>>
敷地内、全面禁煙に...専門家の評価は限定的|毎日新聞 2016年11月10日