スモークフリーニュース

2016年10月12日

病院、学校を全面禁煙、飲食店には喫煙室 受動喫煙対策で厚労省|産経ニュース

厚生労働省は12日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、病院や学校を敷地内全面禁煙とする受動喫煙防止対策をまとめたことを明らかにした。飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める。10月末にも作業部会を立ち上げ関係団体から聴取した上で、違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する法律の制定を検討している。 


 続きはこちらから>>>