スモークフリーニュース

2016年06月10日

禁煙治療、「面倒臭さ」「費用」「時間」ハードルに|メディカルトリビューン

医療用アプリなどを手がけるキュアアップが6月8日に発表した禁煙治療の実態調査から、既に禁煙外来を受診するなど医学的な治療を受けている喫煙者は、その効果を実感している一方で、禁煙を希望していても「面倒臭さ」「時間をとられる」「費用の高さ」などを理由に治療を受けない喫煙者が多いことが分かった。この結果を受け、医師で同社CEOの佐竹晃太氏らは「医学的な根拠があり、かつ禁煙を希望する喫煙者が利用しやすい新たな治療手段が必要」との見方を示している。


続きはこちらから>>>
禁煙治療、「面倒臭さ」「費用」「時間」ハードルに|メディカルトリビューン 2016年6月10日