スモークフリーニュース

2016年04月07日

舍堂駅の出会いの広場に禁煙ベル|東亜日報

ソウル瑞草区(ソチョグ)は、受動喫煙の被害防止効果を高めるために「禁煙ベル」(写真)を設置すると、6日明らかにした。その対象地は、地下鉄2号線舍堂(サダン)駅の7番出口前の出会いの広場と江南(カンナム)駅の9番出口前の休憩スペースとなっているマウルマダンだ。 

この二か所は共に禁煙区域となっているが、一部の喫煙者らが気にすること無くタバコを吸ったり、隠れて煙草を吸っているので、住民からの苦情が後を絶たず、喫煙者と取り締まりチームとの衝突も頻繁に起きている。

続きはこちらから>>>