スモークフリーニュース

2016年04月03日

「全面禁煙、飲食店から」 受動喫煙防止条例の美唄で市民フォーラム|北海道新聞

【美唄】美唄市受動喫煙防止条例が7月1日に施行されるのを前に、受動喫煙の害をテーマにした市民健康フォーラムが2日、市内のホテルで開かれた。

市医師会や市などの共催で、市民約100人が出席。産業医大の大和浩教授が「なぜ、分煙ではなく屋内全面禁煙が必要なのか!」と題して講演した。

条例では、公共施設などの管理者に施設・敷地内を禁煙とするよう努力義務を課し、飲食店以外の店舗などには施設内で禁煙・分煙に努めることを求めた。


続きはこちらから>>>
「全面禁煙、飲食店から」 受動喫煙防止条例の美唄で市民フォーラム|北海道新聞 2016年4月3日