スモークフリーニュース

2016年03月29日

煙草などの受動喫煙(副流煙)が子どもの肥満・思考障害のリスクを高めている|アット・ミーブ

受動喫煙は心臓疾患などだけではなく、肥満・思考障害にも影響を与える。
米国・ジョージア医科大学の研究チームの研究結果によって、タバコなどの受動喫煙は7~11歳の子どもの肥満や思考障害に影響を与えることが新たに判明した。

タバコの副流煙など、子どもの「体重・体脂肪率・認知力」と関係性が高い。

これまで、受動喫煙 (副流煙) は心臓疾患のほか、がんなどの発症リスクを高めることが判明しているおり、キャサリン・L・デイビス教授率いるジョージア医科大学の研究チームは新たに「子どもの肥満・思考障害」にも影響を与えることを確認したと報告する。

続きはこちらから>>>
煙草などの受動喫煙(副流煙)が子どもの肥満・思考障害のリスクを高めている|アット・ミーブ 2016年3月29日