スモークフリーニュース

2016年03月19日

「タバコを吸う人」の歯がとっても危ない理由|東洋経済オンライン

公共施設や飲食店などで進んできた禁煙スペースの拡大。オフィスでも分煙化が進み、喫煙者の肩身が狭くなっています。厚生労働省によると、成人の喫煙率は1990年に男性53%、女性9.4%でしたが2013年には男性32%、女性8.2%まで下がっています。

■肺ガンだけではない!タバコが及ぼす悪影響

とはいえ、成人男性の10人に3人以上はいまだにタバコを吸っているのが実態です。その喫煙で気になるのが健康への影響でしょう。もっとも恐れられているのは肺ガンかもしれませんが、タバコが歯や口の中へ悪影響を及ぼすことも無視できません。


続きはこちらから>>>
「タバコを吸う人」の歯がとっても危ない理由|東洋経済オンライン 2016年3月19日