スモークフリーニュース

2016年03月13日

岡山で禁煙支援フォーラム 医師や保健師が患者への指導学ぶ|山陽新聞デジタル

医師や保健師らを対象にした初めての岡山県禁煙支援フォーラム(県主催)が13日、岡山市北区南方のきらめきプラザで開かれ、約100人が禁煙指導について学んだ。

岡山済生会総合病院がん化学療法センター長の川井治之医師が「禁煙支援を行うための基礎知識」と題して講演。1日単位から目標を設定する「スモールステップ法」の導入を勧めたほか、禁煙継続のために患者に空腹や孤独、疲れ、けんかなどを避けてもらうようアドバイスした。

続きはこちらから>>>
岡山で禁煙支援フォーラム 医師や保健師が患者への指導学ぶ|山陽新聞デジタル 2016年3月13日