スモークフリーニュース

2016年02月24日

禁煙タクシー第1号 安井さん愛車に別れ|読売新聞

タクシーの禁煙化に取り組んできた杉並区の運転手安井幸一さん(82)が高齢などを理由に引退し、24日愛車に別れを告げる。23日に取材に応じ、「禁煙タクシーなのに客や運転手が喫煙しているのが実情。なかなか行政も動いてくれず、抗議の意味でも引退を決めた」と語った。

安井さんは10代の頃に肺結核を患ったこともあり、車内で煙が充満すると息苦しくなってせき込んでいた。禁煙タクシーを始めたのは1988年。乗客に「たばこを吸わないで」と求めるのは許される時代ではなく、安井さんが第1号だった。


続きはこちらから>>>
禁煙タクシー第1号 安井さん愛車に別れ|読売新聞 2016年02月24日